【2022年】安いダンベルおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も

運動不足解消に、筋力トレーニングに、ダンベルをお探しの皆様のために、安いものを多数、各種用意しました。今回、トレウィズでは、安いダンベルの特徴、おすすめの安いダンベル、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の安いダンベルをご紹介します。

ダンベル

安いダンベルの選び方

[Amazonブランド] Umi.(ウミ) ダンベル 1kg 2個セット 筋トレ ダンベル 哑铃 ウエイト カラー ダンベル 鉄アレイ dumbbell (ピンク)

自宅などでトレーニングをする際に負荷をかけるのに最適なダンベル。
また、ウォーキングをする時などにも持ち歩くことでしっかりとトレーニングをすることができます。
しかし、購入するとなるとなるべく安くて使いやすいものを選びたいですよね。

ここからは、安いダンベルの選び方の3つのポイントについてご紹介します。

選び方のポイント1:自分に合った重さを選ぶ

安いダンベルを選ぶ際には自分に合った重さのダンベルを選ぶことが大切です。
安いダンベルでも重さが固定されている固定式とプレートなどを付け替えることで重さを変えることのできる可変式の2つのタイプがあります。
初心者の方やウォーキングをする方などは固定式のダンベルの方がコンパクトに作られているものも多いためおすすめです。

可変式のダンベルはかなりハードなトレーニングをすることも可能になるので、自宅などでしっかりとしたトレーニングをしたい方におすすめ。
しかし、可変式はプレートが場所をとってしまうこともあるので、省スペースで使いたい方には不向きな場合もあるので注意が必要です。
自分のトレーニング内容にあったダンベルを選ぶようにしましょう。

選び方のポイント2:グリップの素材で選ぶ

安いダンベルはグリップの素材によって持ちやすさが変わってくるので自分にあったものを選ぶようにしましょう。
グリップの素材がネオプレーン(合成ゴム)のものは、ソフトな感覚で非常に持ちやすいです。
また、衝撃を吸収してくれるので静音性にも優れており、アパートなどでトレーニングをしたい方におすすめです。

ローレット加工のものは握り手の部分が滑りにくいように加工されているものです。
特にしっかりとしたトレーニングをしたい方はがっちりと握ることができるのでとても使いやすいです。
グリップ素材は好みに合わせたり、使いやすいものを選ぶことが大切です。

選ぶ際のポイント3:床を傷つけにくいものを選ぶ

安いダンベルは床などを傷つけることがないような素材のものを選びましょう。
トレーニングしていく上で床などを傷つけたくない方は多いはず。
金属が剥き出しのダンベルは、床や壁に少しでも当たってしまうと傷がついてしまう可能性が高いです。

なので、ネオプレーン素材のものや全体がラバーで覆われているものだと床や壁に傷をつけてしまう可能性が低くなるのでおすすめです。
また、ダンベルがあたってしまっても音が出にくいので静かにトレーニングをしたい方にも向いています。

【2022年最新版】安いダンベルおすすめ人気6選

MOJEER ダンベル【2個セット1kg 2kg 3kg 4kg 5kg 6kg 8kg10kg】【 選べる4色】筋トレ ダイエット 鉄アレイ ソフトコーティング (1kg×2個 /ピンク)

それでは、編集部が厳選した【2022年最新版】安いダンベル人気ランキング6選をご紹介します。

Umi(ウミ)

【Umi】ダンベル2個セット

amazonブランド「Umi」のネオプレーン素材の安いダンベルです。
色は重さによって異なっており、1㎏から10㎏まであってコンパクトな作りになっています。

カラフルで握りやすく女性が使う際にもピッタリな安いダンベルでおすすめです。

MOJEER

【MOJEER】ダンベル2個セット

2021年の新作モデルで、床を傷つけにくいソフトゴムコーティング素材の安いダンベル。
重さは1kg、2kg、3kg、4kg、5kg、6kg、8kg、10kgの中から選ぶことができます。

フィット感に優れており、握りやすいのでウォーキングをする方にも使いやすくおすすめです。

Amazonベーシック(Amazon Basics)

【amazonベーシック】ダンベル1個入り

六角のラバータイプの安いダンベルで、1つずつ販売されているので片側に集中してトレーニングをすることができます。
重さは約4,5kg〜約22.6kgまでのものがあり、ダンベルの中心部分が鋳鉄製で長く使うことのできる安いダンベルです。

さまざまな筋トレに使うことができるので、筋トレ上級者の方も安心して使うことができます。

MOJEER

【MOJEER】可変式ダンベル3in1

ダンベルに付属するジョイントシャフトでバーベルとしても使用することができるのが魅力です。
重さも10kg〜40kgの2個セットになっており、価格も比較的安いダンベルになっています。

ダンベルの重さ調整できる可変式でバーベルとしても使用できるので、非常にコスパに優れており使いやすいです。

LICLI(リクライ)

【LICLI】ダンベル2個セット

インテリアに馴染むカラーデザインが魅力的な安いダンベル。
重さは0.5kg〜5kgまであり、2個セットでスタイリッシュで見た目もかっこいいのが特徴です。

安い価格でありながら、フィット感に優れていてコンパクトで使いやすいのでおすすめです。

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部)

【IRONMAN】プラスチックダンベル10kg

可変式のダンベルで10kgまで重さ変更可能で使いやすく、価格も比較的安いダンベル。
プレートの取り外しが可能で腕や肩などのトレーニングしたい部位によって重さを変えることができるのでさまざまな部位をトレーニングしたい方におすすめです。

プラスチックやセメントなどの素材が使用されているので価格も安いため、コスパに非常に優れたダンベルです。

安いダンベルについてまとめ

Amazonベーシック ダンベル ゴムカバー付き 六角形 27×10×9cm 4.5kg

いかがでしたでしょうか?

今回、トレウィズでは、「【2022年】安いダンベルおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 安いダンベルの選び方
  • 【2022年最新版】安いダンベルおすすめ人気6選

といったことをご紹介してきました。

他にも、トレウィズでは、トレーニングに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、トレーニングに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】ダンベルおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
筋トレを始めたいと思っているみなさん、どのダンベルがいいのかなと迷ってしましますよね。今回、トレウィズでは、ダンベルの特...
【2022年】40kg可変式ダンベルおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
可変式ダンベルで40kgのものを購入したいという方にお得な情報です。今回、トレウィズでは、40kg可変式ダンベルの特徴、...
【2022年】ダイヤル式可変式ダンベルおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
可変式ダンベルのなかでダイヤル式のものをお探しの方にお得な情報です。今回、トレウィズでは、ダイヤル式可変式ダンベルの特徴...
【2022年】20kg可変式ダンベルおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
20kg以下の可変式ダンベルをお探しの方にお得な情報です。今回、トレウィズでは、20kg可変式ダンベルの特徴、おすすめの...
【2022年】固定式ダンベルおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
近年熱いブームがきている筋トレ!今から始める人もベテランさんにも知って欲しい固定式ダンベルはこちら!今回、トレウィズでは...
【2022年】名器ドライバーおすすめ人気ランキング7選!選び方のコツもご紹介
ゴルフをするにあたって欠かせない存在であるドライバー。今回、ゴルフファイトでは、名器ドライバーの選び方や2022年最新の...
【2022年】高級パターおすすめランキング5選!普通のパターとの違いとは?
ゴルフのスコアを大きく左右するパター。今回、ゴルフファイトでは、高級パターの選び方や2022年最新のおすすめの商品・新製...

監修者:トレウィズ(Training With)編集部

「Training With」は、トレーニングをもっと楽しく豊かにをテーマにしたトレーニング用品の総合情報ポータルサイト。 トレーニング・筋トレグッズに関する様々なカテゴリのお役立ち情報をわかりやすく紹介。 人気商品や最新グッズ、トレーニングの面白コラムも配信します。

\この記事をシェアする/

ダンベル
トレウィズ