【2022年】ダンベルを収納するものおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も

トレーニングで使用したダンベルの、収納方法にお困りの方は必見。今回、トレウィズでは、ダンベルを収納するものの特徴、おすすめのダンベルを収納するもの、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のダンベルを収納するものをご紹介します。

ダンベル

ダンベルを収納するものの選び方

ダンベルラック ダンベルスタンド ダンベルホルダー Aフレームダンベルラックスタンド 6層ダンベル収納ラック プレートラック(300kgの耐荷重) (12本ラック)

自宅などでダンベルを使用したトレーニングをしているとダンベルの置き場所に困ってしまいますよね。
ケースや箱に入れているとダンベルを取り出すのも面倒になってしまうという方も多いと思います。
そこで、ダンベルを簡単に収納することができれば、見栄えも良くなりトレーニングのモチベーションも上がるはずです。

ここからは、ダンベルを収納するものの選び方の3つのポイントについてご紹介します。

選ぶポイント1:ダンベルの耐荷重に合ったものを選ぶ

ダンベルを収納するものを選ぶ際は耐荷重に合ったものを選ぶことが大切です。
ダンベルを収納する際に耐荷重に合っていないものを選ぶと収納しているラックなどが倒れてしまうことや壊れてしまう可能性があります。
収納したいダンベルの総重量に合った耐荷重のものを選ぶようにしましょう。

また、ものによっては耐荷重が100kg以上収納できるものもあります。
今後トレーニングしていく上でダンベルを増やしていく方や重くしていきたい方などはあらかじめ余裕を持ったものを選ぶことをおすすめします。

選ぶポイント2:安全性に優れたものを選ぶ

ダンベルを収納するものを選ぶ際には安全性に優れたものを選ぶようにしましょう。
ダンベルが収納できても倒れてしまったり、ダンバルを落としてしまうと最悪の場合は怪我に繋がってしまうこともあります。
不安定でダンベルをとった際に足などに倒れてしまってはとても危険なので、フレームが太いものや重心が下にあるものなどのしっかりとした作りのものを選ぶようにすることが大切です。

また、ダンベルの取り出しやすさも確認するようにしましょう。
ダンベルを上手く取り出すことができなければ、手を挟んでしまったり無理に出そうとして収納しているものごと倒してしまう可能性もあります。
なので、事前に今持っているダンベルを収納するのに適しているのかどうかを確認するようにしましょう。

選ぶポイント3:置き場所に合ったものを選ぶ

ダンベルを収納するものは置き場所にあったものを選ぶようにしましょう。
ダンベルが収納できるものはツリー型やラック型などさまざまなものがあります。
置き場所は事前に決めておくようにして、設置スペースに合っているかどうか確認するようにしましょう。

また、床を傷つけないためにも脚にゴムなどで加工されているものがおすすめです。
脚に何もついていないものをそのまま置いてしまうと、床を傷つけてしまう可能性や滑ってしまうことを防ぐことができます。
マットなどを事前に引いて対策することもできるので、設置スペースを考慮した上で選ぶことが大切です。

【2022年最新版】ダンベルを収納するものおすすめ人気6選

ダンベルラック [2個置きor6個置き] モダンカラーな ダンベル スタンド (シンプルなデザイン) プレートラック 【TKプロダクトデザイン】 (2本ラック)

それでは、編集部が厳選した【2022年最新版】ダンベルを収納するものおすすめ人気ランキング6選をご紹介します。
基本的には2021年までの新作のものとあまり変わりはありません。

Sxy

【Sxy】ダンベルラック

三角形のデザインがおしゃれなダンベルラックで、12個の収納スペースがありさまざまなダンベルを収納することができます。
底部には床に傷がつかないようにゴム加工がされているので、安心して自宅でも使用できることも魅力です。

組み立て方法も簡単なので楽に組み立てることができ、多くのダンベルを収納することができるので省スペースでも設置することができます。

TKPRODUCT DESIGN

【TKPRODUCT DESIGN】ダンベルラック

2個置きタイプでシンプルなデザインのダンベルラック。
ダンベルをきちんと収納することで、インテリアの一部とすることもできます。
また、シンプルなデザインでダンベルを収納することで、おしゃれ感を出すことができるのも魅力的です。

2個置きタイプなので、ダンベルの数が少ない方やこれからダンベルを買おうと考えている方にもおすすめです。

sunfany

【sunfany】ダンベルラック

耐荷重が60kgで置き場所に困らないタイプのダンベルラックです。
ダンベルを置いて腕立て伏せをしても壊れないくらいの耐久性があるのも魅力の1つです。
床にそのままおくことができるため、自作や組み立てる必要がないのですぐに使うことができます。

コンパクトな作りになっているため、置き場所にも困らないので省スペースで使いたい方には特におすすめです。

Bonarca

【Bonarca】ダンベル収納ラック

コンパクトなスタンド型の収納ラックで、耐荷重は100kgまであります。
左右だけでなく上下にもダンベルを収納することができるので、ダンベルの数が多い方でも楽に収納することができます。

さまざまなダンベルを収納できるので、初心者から上級者まで使うことのできるダンベルラックでおすすめです。

GronG(グロング)

【GronG 】プレートラック

ダンベルのプレートをコンパクトに収納することができます。
耐荷重は250kgもあるので、筋トレ上級者の方で重いダンベルを使用している方でもプレートをケースなどに収納する必要がなく、簡単に整理することができます。

ダンベルのプレート重量を頻繁に交換する方には整理がしやすいので特におすすめです。

リーディングエッジ

【リーディングエッジ】ダンベル・バーベル用プレートラック

ダンベルからバーベルまで収納することができる便利なラックです。
自宅などでしっかりとトレーニングをしたい方におすすめで、プレートなどが簡単に着脱することができるのでストレスなく使うことができます。

設置面が広く安定しており、ラバーキャップがついているので床を傷つけることなく安心して使用することができるのも魅力的です。

ダンベルを収納するものについてまとめ

ダンベルラック、1ペアフィットネスダンベル収納ラック床保護ダンベルサポートラックダンベルフレームクッション耐荷重60kg

いかがでしたでしょうか?

今回、トレウィズでは、「【2022年】ダンベルを収納するものおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • ダンベルを収納するものの選び方
  • 【2022年最新版】ダンベルを収納するものおすすめ人気6選

といったことをご紹介してきました。

他にも、トレウィズでは、トレーニングに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、トレーニングに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】ダンベルおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
筋トレを始めたいと思っているみなさん、どのダンベルがいいのかなと迷ってしましますよね。今回、トレウィズでは、ダンベルの特...
【2022年】40kg可変式ダンベルおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
可変式ダンベルで40kgのものを購入したいという方にお得な情報です。今回、トレウィズでは、40kg可変式ダンベルの特徴、...
【2022年】ダイヤル式可変式ダンベルおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
可変式ダンベルのなかでダイヤル式のものをお探しの方にお得な情報です。今回、トレウィズでは、ダイヤル式可変式ダンベルの特徴...
【2022年】20kg可変式ダンベルおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
20kg以下の可変式ダンベルをお探しの方にお得な情報です。今回、トレウィズでは、20kg可変式ダンベルの特徴、おすすめの...
【2022年】固定式ダンベルおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
近年熱いブームがきている筋トレ!今から始める人もベテランさんにも知って欲しい固定式ダンベルはこちら!今回、トレウィズでは...
【2022年】名器ドライバーおすすめ人気ランキング7選!選び方のコツもご紹介
ゴルフをするにあたって欠かせない存在であるドライバー。今回、ゴルフファイトでは、名器ドライバーの選び方や2022年最新の...
【2022年】高級パターおすすめランキング5選!普通のパターとの違いとは?
ゴルフのスコアを大きく左右するパター。今回、ゴルフファイトでは、高級パターの選び方や2022年最新のおすすめの商品・新製...

監修者:トレウィズ(Training With)編集部

「Training With」は、トレーニングをもっと楽しく豊かにをテーマにしたトレーニング用品の総合情報ポータルサイト。 トレーニング・筋トレグッズに関する様々なカテゴリのお役立ち情報をわかりやすく紹介。 人気商品や最新グッズ、トレーニングの面白コラムも配信します。

\この記事をシェアする/

ダンベル
トレウィズ