【2022年】トレーニングチューブおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も

トレーニングチューブをお探しの方は必見。今回、トレウィズでは、トレーニングチューブの特徴、おすすめのトレーニングチューブ、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品のトレーニングチューブをご紹介します。

トレーニングチューブの選び方

ボディメーカー トレーニングチューブロング TTG

トレーニングチューブとは、家で手軽に筋トレやストレッチができる健康器具です。
ダイソーやセリアなどの100円均一や、有名メーカーからも発売されています。

では、選び方から人気の商品までご紹介いたしましょう。

選ぶポイント1:握りやすさで選ぶ

トレーニングチューブは「ハンドル付き」と「ハンドル無し」の2種類があります。

初心者や、握力の弱い方は「ハンドル付き」が使いやすいです。
ハードなトレーニングを求める方は、「ハンドル無し」がおすすめです。

フロッグハンドやリングタイプの、足指に掛けて太ももやふくらはぎなど、下半身を中心に体幹を鍛えるタイプもあります。

選ぶポイント2:強度で選ぶ

トレーニングチューブは、「ソフト」「ミディアム」「ハード」の3種類が主流です。

「ソフト」は、負荷が10kg程度の初心者向きです。

「ミディアム」は、筋肥大目的の筋トレメニューに向いています。

「ハード」は、高負荷を求める上級者向きです。

選ぶポイント3:本数で選ぶ

トレーニングチューブは1本、2本、5本のタイプがあります。

強度や長さの種類が多い1本タイプは、長めを選ぶと使い勝手が良いです。

2本タイプは、有酸素運動向きです。
フットベルト付きで、足や、ドアに引っ掛けるやり方が可能です。

5本タイプは部位によって負荷を変えられ、本格的に身体を鍛えたい方に向いています。
肩や腕などの筋肉量や、脚まわりの筋肉量によって使い分けられます。

【2022年最新版】トレーニングチューブおすすめ人気6選

La-VIE(ラヴィ)フィットネスチューブ ハード ハンドル付き 3B-3051

それでは2022年の最新版、トレーニングチューブのおすすめ人気6選をご紹介しましょう。

ボディメーカー(BODYMAKER)

【ボディメーカー】トレーニングチューブ ロング

ボディメーカーの筋トレには欠かせない、ロングセラーのトレーニングチューブです。
フットベルト付きで、ドアに引っ掛けることも可能な2本セットの商品です。

触り心地や伸びもよく、握りやすさも優秀な逸品です。

新作にも引けをとらない、人気商品です。

La-VIE(ラヴィ)

【lavie(ラヴィ)】フィットネスチューブ ハード

ドンキホーテやロフトなどの販売店でも手に入れやすく、女性が使いやすいトレーニングチューブです。

ハンドルが少し細めで、手が小さめの方におすすめの商品です。

「ハード」の他に、グリーンの「ソフト」、グレーの「スーパーハード」もあります。

価格も安く、ダイエットにもおすすめです。

イーエムピーティー(EMPT)

【empt(イーエムピーティー)】トレーニングチューブ ノーマル

プロトレーナー監修の、トレーニングでの使い方が載った本も付いてくる商品です。
口コミでの評価も高く、人気ランキングの常連です。

チューブは120cmと短めですが、伸びが良く、負荷をしっかりとかけたい方におすすめします。

ツルツルしたトレーニングチューブは、埃もくっつくこともなく手入れも簡単です。

Thera-Band(セラバンド)

【セラバンド】セラチューブレッド ミディアム

トレーニングチューブで有名な、おすすめメーカーの商品です。

ゴムが切れるので長さ調節したり、輪っかを作って柱に巻きつけたりと、トレーニング方法の幅が広がります。

耐久性があり、汗をかいてもすべりにくい天然ゴムを使用しています。

カスタマイズしたい上級者に、おすすめです。

F8&psc=1

TheFitLife

【thefitlife(ザフィットライフ)】エクササイズ&レジスタンスバンドセット

5本セットで、最大50kgの負荷がかけられるトレーニングチューブのセットです。

強度の目安は色で分けられており、子供から高齢者までストレッチやリハビリにも使えます。

ハンドル、足首ストラップ、ドアアンカーと色々なジョイント付きです。

2021年の人気ランキングも上位で、amazonのレビューも評判の良い商品です。

STEADY

【steady(ステディ)】トレーニングチューブ強度別5本セット

steady最新uxモデルは、5本全ての使用で最大68kgの負荷がかかります。

インナーマッスルを鍛えるトレーニングや、腰痛、猫背のストレッチまで求める効果によって使い分けが可能です。

コスパにも優れ、ながら運動が自宅でも外でもできるトレーニングチューブです。

トレーニングチューブについてまとめ

EMPT(イーエムピーティー) トレーニングチューブ 体幹チューブ 強度全5タイプ (ノーマル+ブック付)

いかがでしたでしょうか?

今回、トレウィズでは、「【2022年】トレーニングチューブおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • トレーニングチューブの選び方
  • 【2022年最新版】トレーニングチューブおすすめ人気6選

といったことをご紹介してきました。

他にも、トレウィズでは、トレーニングに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、トレーニングに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

トレーニングチューブ
さらに探すならこちら!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】女性用トレーニングチューブおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
女性のみなさん、トレーニングチューブ選びに迷ってしましますよね。今回、トレウィズでは、女性用トレーニングチューブの特徴、...
【2022年】ダンベルおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
筋トレを始めたいと思っているみなさん、どのダンベルがいいのかなと迷ってしましますよね。今回、トレウィズでは、ダンベルの特...
【2022年】可変式ダンベルおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
筋トレを始めていくうちに、可変式のダンベルがあると便利ですよね。今回、トレウィズでは、可変式ダンベルの特徴、おすすめの可...
【2022年】40kg可変式ダンベルおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
可変式ダンベルで40kgのものを購入したいという方にお得な情報です。今回、トレウィズでは、40kg可変式ダンベルの特徴、...
【2022年】20kg可変式ダンベルおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
20kg以下の可変式ダンベルをお探しの方にお得な情報です。今回、トレウィズでは、20kg可変式ダンベルの特徴、おすすめの...
【2022年】防災用テントおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
普段はレジャー用に、いざというときは防災用に使用できるテントを多数、各種揃えました。今回、キャンプライクでは、防災用テン...
【2022年】自宅用テントサウナおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
自宅でサウナを楽しむ方のためのテント型サウナを揃えました。今回、キャンプライクでは、自宅用テントサウナの特徴、おすすめの...

監修者:トレウィズ(Training With)編集部

「Training With」は、トレーニングをもっと楽しく豊かにをテーマにしたトレーニング用品の総合情報ポータルサイト。 トレーニング・筋トレグッズに関する様々なカテゴリのお役立ち情報をわかりやすく紹介。 人気商品や最新グッズ、トレーニングの面白コラムも配信します。

\この記事をシェアする/

ダンベル
トレウィズ