【2022年】低反発ヨガマットおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も

今ぜひ手に入れたい!近年大注目の低反発ヨガマットはこちら!今回、トレウィズでは、低反発ヨガマットの特徴、おすすめの低反発ヨガマット、コスパ最強製品、2022年シーズンに向けた新製品の低反発ヨガマットをご紹介します。

ヨガマット

低反発ヨガマットの選び方

WeMe 2022新型 ヨガマット 厚さ10mm トレーニングマット 折りたたみ ピラティスマット エクササイズマット 滑り防止 NBR素材 高密度 183 x 61 x 1 cm 防音対策 ピラティス ストレッチ 体幹トレーニング 筋トレ フィットネス 持ち運び 収納簡単 水洗い可能 男女兼用 収納バンド付 (グレー)

ダイエットや健康目的で筋トレやヨガを始めようと思ったときに必要になるもの、それがヨガマットです。
実は、ヨガマットはしっかり選ばないと腰痛や膝痛の原因となってしまうことがあります。
今回は、2022年に人気な運動効果を高めてくれる低反発マットを6種類紹介していきます。

選ぶポイント1:用途

購入する前に、自分は何の目的でヨガマットを必要としているのか、を一度考えることが大切です。
なぜなら、目的によってサイズや厚みといった部分が変わってくるためです。

例えば、ヨガ教室に通うために購入することが目的であれば、少し薄く作られているマットを選び、持ち運びができるタイプがおススメになります。

また、自宅での使用がメインになるならば厚く作られているマットを購入することで、体への負担軽減や運動時の防音が期待できます。

このように、目的によってマットの種類は変わってくるため、しっかり考えておくことが大切です。

選ぶポイント2:厚み

ヨガマットの厚みも重要なポイントです。
厚みによって、運動時に体にかかる負担が大きく変わってくるためです。
一般的には、下記のサイズがあります。

2mm以下のマットは、持ち運びに最も適しています。
しかし、フローリングなどの固い床の上に引いただけでは、腰や膝へのダメージが大きい恐れがあります。
カーペットの上や、他のヨガマットの上に引くと負担軽減が可能です。

3~5mmのマットは標準的な厚みとなります。
クッション性もあり、持ち運びもしやすい厚みとなっています。
ヨガ教室等への参加を目的とするならば、この厚みのマットがおススメです。

6mm以上のマットになると、自宅用での利用がおススメとなります。
収納時のサイズが大きくなってしまうため、持ち運びには向かない製品が多くなるサイズです。
しかし、体への負担はかなり軽減され、フローリングの上に引いても床の固さをほとんど感じない製品が多くあります。

在宅でのヨガや筋トレにおススメできるサイズとなります。

選ぶポイント3:大きさ

ヨガマットは厚みのほかに長さも重要になります。

一般的には、縦1800mm×横600mmの大きさが主流となっています。
しかし、もっとゆったり使いたい人用の縦が2000mmのタイプや、持ち運びを優先したい人用の縦1700mmのタイプがあります。

自分の用途に合った製品を購入することが大切です。

【2022年最新版】低反発ヨガマットおすすめ人気6選

ヨガマット トレーニングマット ピラティスマット エクササイズマット NBR素材 高密度 厚さ10mm 肌に優しい 床の保護 防音対策 ピラティス ストレッチ 体幹トレーニング 筋トレ フィットネス 持ち運び 収納簡単 水洗い可能 男女兼用 収納ケース付 yoga mat (ブラック)

それでは、2022年におススメのヨガマットを6選紹介します。
今回は、低反発が特徴のヨガマットを紹介してきます。

WeMe

【Weme】ヨガマット 10mm

Weme社のヨガマットはNBRと呼ばれる環境ゴムフォームの素材で作られており、優れた弾力性と衝撃吸収力が特徴のヨガマットになります。
また、運動面だけでなく裏側にも滑り止めの加工を施しています。

ゴムの性質も生かしてより滑りにくい加工がされていることもおススメできるポイントです。
運動時の音も吸収してくれるため、下の階に住んでいる方にも配慮できるおススメのヨガマットです。

Waways

【Waways】ヨガマット 10mm

WeWays社のヨガマットは10mmの厚みで作られており、特にクッション性に優れています。
トレーニング機器の下に引くような使い方もできる、高い防音性能が期待できる製品です。
小さいお子様や自室でのトレーニングにおススメできる製品となります。

また、10mmの厚みでありながら専用の肩掛け収納袋がセットになっています。
そのため、外出先でのヨガにも活用できる製品となっています。

LFS

【LFS】ヨガマット 10mm

LFS社のヨガマットは幅が80mmで設計されており、他の製品と比べて大きく作られています。
また、メンテナンス性に優れており、フックにかけて外干しをするための穴が開いています

汗の掃除が簡単にできるため、常に快適な状態で運動ができるマットになっています。

HARFAR

【HARFAR】ヨガマット 20mm

HARFAR社の製品は、厚みが20mmあることが特徴です。
クッション性はもちろんのこと、防音性にも優れており、激しい運動でも最小限の振動に抑えることができます。

アパート等、大きい音が出せない環境で運動する方にはおススメの製品です。

Feetlu

【Feetlu】折り畳みヨガマット 7mm

Feetlu社のヨガマットは7mmと薄めのマットです。
最大の特徴は折り畳みが可能な設計をしているところで、持ち運びが楽な製品となっています。
また、非常に軽いマットとなっています。

もちろん、ヨガマットとしての性能も十分な製品となっているため、ヨガ教室等外で使用する人におススメの製品です。

WeMe

【WeMe】ヨガマット 8mm

最後に紹介するWeMe社のヨガマットは、厚みが8mmとなっています。
少し薄めの製品ですが、非常にクッション性が高く運動した際の体への負担を軽減してくれます。

8mmと薄いため、10mmの製品と比べると持ち運びがしやすいこともおススメできるポイントです。
初めてのヨガマットに最適な製品となっています。

低反発ヨガマットについてまとめ

LFS ヨガマット 185*80mm 幅広 厚さ10mm トレーニングマット エクササイズマット ヨガ ピラティスマット 防音マット 高密度 ニトリルゴム 滑り止め ゴムバンド 収納ケース付き(パープル)

いかがでしたでしょうか?

今回、トレウィズでは、「【2022年】低反発ヨガマットおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も」というテーマに沿って、

  • 低反発ヨガマットの選び方
  • 【2022年最新版】低反発ヨガマットおすすめ人気6選

といったことをご紹介してきました。

他にも、トレウィズでは、トレーニングに関連する様々な記事をご紹介しています。
もし、トレーニングに関してまだ知りたいことがあれば、サイト内検索をご利用いただくか、ぜひ関連する他の記事をご覧ください。

最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【2022年】厚手のヨガマットおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
今是非手に入れたい!近年大注目の厚手のヨガマット厳選集はこちら!今回、トレウィズでは、厚手のヨガマットの特徴、おすすめの...
【2022年】折りたたみ式ヨガマットおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
今是非手に入れたい!近年大注目の折りたたみ式ヨガマットはこちら!今回、トレウィズでは、折りたたみ式ヨガマットの特徴、おす...
【2022年】滑らないヨガマットおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
今是非手に入れたい!滑らないヨガマット厳選集はこちら!今回、トレウィズでは、滑らないヨガマットの特徴、おすすめの滑らない...
【2022年】敷きっぱなしにできるヨガマットおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
インテリアとしても使える!敷きっぱなしにできるヨガマット厳選集はこちら!今回、トレウィズでは、敷きっぱなしにできるヨガマ...
【2022年】防音仕様のヨガマットおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
今手にいれたい!近年大注目の防音仕様のヨガマットはこちら!今回、トレウィズでは、防音仕様のヨガマットの特徴、おすすめの防...
【2022年】充電式のチェーンソーおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
チェーンソーも充電式のものは便利ですよね。充電式のチェーンソーをお探しの方は必見。今回、ツルマガでは、充電式のチェーンソ...
【2022年】片手用小型チェーンソーおすすめ人気ランキング6選!選び方やコスパ最強製品も
小型チェーンソーの中でも片手用をお探しの方も多いのではないでしょうか。今回、ツルマガでは、片手用小型チェーンソーの特徴、...

監修者:トレウィズ(Training With)編集部

「Training With」は、トレーニングをもっと楽しく豊かにをテーマにしたトレーニング用品の総合情報ポータルサイト。 トレーニング・筋トレグッズに関する様々なカテゴリのお役立ち情報をわかりやすく紹介。 人気商品や最新グッズ、トレーニングの面白コラムも配信します。

\この記事をシェアする/

ヨガマット
トレウィズ